IMG_0685_R

もうすぐ夏休み。

普段なかなか体験できないことをやってみるのにぴったりな季節。

IKUNASでは毎年、子供たちに伝統工芸を身近に感じてもらうために、

IKUNASサマースクールを開催しています。

今年のプログラムは2つ。

一つ目は

「讃岐のり染めで藍染めハンカチを作ろう!」です。

讃岐のり染めって?

古くから日本に伝わる染色技術のひとつで、

もち米を使って、色と色が混ざらないように防染して、美しい柄を染める技術です。

香川で身近に感じられるのり染めと言ったら、お獅子の油単が有名。

獅子舞連ごとに違う柄が描かれ、その違いを見るだけでも楽しいのです。

今回は、実際に職人さんが使っている道具を使って

45㎝角のハンカチに「筒描き」をしてのり染めをしていきます。

IMG_0622_R IMG_0658_R

使う道具は、ケーキのクリームを絞るような袋にもち米をお湯で溶いたものを入れ、

少しづつ絞り出しながら自由に絵を描いていきます。

この絞り出して描いていくことの難しさ!

糊は粘り気があるので、思うような曲線が描けなかったり、

少しの力加減で絞り出す糊の量が違ってしまったり・・・。

そして注意することは、白く残したいところにのりを置くという事。

描いた絵と、出来上がりは反転するという事を頭に入れながら描いていかなければなりません。

当日作業をするのはここまで。

IMG_0685_R

糊を完全に乾かしたら今度は職人さんが藍染めをしてくれます。

そして、藍染めをしてのりが付いた状態で皆様にお返ししますので、

ぜひご自宅で糊を実際に落として、

自分が描いた絵と、染め上がりの状態を見比べてみてください。

IMG_0708_R

この写真が糊がついてパリパリの状態。

IMG_0743_R

この写真が糊を落としている状態。

IMG_0754_R

そして完成!

当日教えて下さる先生は

讃岐のり染めの伝統工芸士、大川原誠人さん。

大川原さんが描いた作品も当日は見ていただけますので、

質問などもどんどんしてみてください!

IMG_0617_R

IKUNASスクール
「讃岐のり染めで藍染めハンカチを作ろう!」
日時:7/28(土)13:00~15:00
料金:2,000
持ち物:汚れても大丈夫な服、マジック、描きたいモチーフなど
対象:小学生以上(中学年までのお子様は必ず大人の方の付き添いをお願いいたします)
おとなの方も十分楽しんでいただける内容です
※のりが付いた状態でのお渡しは8月中旬頃を予定しております。

ご予約:📞087-833-1361
✉ikunas@tao-works.jp
平日:10:00~18:00
土曜:10:00~16:00