登場人物

ゆりこ=水瓶座の女

ゆりこ=水瓶座の女
 誰とでもフラットに付き合える水瓶座のまわりには個性豊かな友だちがたくさんいます。人に対する洞察力に優れた水瓶座は、この人たちは気が合いそうだと思うと、引き合わせたり後押ししたり、出しゃばらないけれど人間関係のキーとなっていきます。

まりこね=蠍座の女

まりこね=蠍座の女。
 人間の奥深いところまで見ることができる蠍座の女は、「人には本音と建て前がある」ことを知っています。そのせいで、次第に本音を言うのが苦手になり、孤独を愛するようになります。人に頼るよりも自分で物ごとを進めたほうが早いと孤高の道を選びがちです。

女将=牡羊座の女

女将=牡羊座の女。
 激しい気性を持つ牡羊座の女は、おとなしく人に従うのは嫌。強引と思われても、自分の正義を守り押し通す強さを持っています。「ちょっときついけど、この人ならば大丈夫」と信頼される、魅力ある人です。

真紀子=魚座の女

真紀子=魚座の女。
 いくつになっても白馬の王子様が自分を迎えに来てくれると信じる魚座の女は、手近な男で妥協し結婚する気はありません。いつか思い通りの王子様が現れると信じ、自分磨きも忘れず、明日を夢み、準備を整え、その日を待ち続けるのです。

掌説に戻る
掌説 まちの風景
登場人物
作家紹介

ikunas.com