高松張子はりこの絵付け体験 2022年8月20日(土)より再開します!

 

香川県の伝統的工芸品「高松張子」を自由に彩色してみませんか。
全国各地にある郷土玩具、張子。様々なモチーフがある中、香川県には「奉公さん」というモチーフがあります。
その昔、生駒氏の時代のお姫様の奉公人に、おマキさんという少女がいました。おマキさんは、病気になったお姫様の身代わりに自分の体に病気を移しお姫様の元を去ったのです。「奉公さん」のモチーフはこのおマキさん。
子どもが病気になると、「奉公さん」を抱かせて病気が治るように願ったり、お守りにするために嫁入り道具として用いられるようにもなりました。
実は「奉公さん」の着物には松竹梅が描かれており、縁起物として贈り物にするのもおすすめです。


讃岐おもちゃ美術館shopでは、伝統工芸士・乃村七重さん作の高松張子の土台に、自由に絵付けをしていただけます。
「奉公さん」と同じように描いてもいいですし、自分だけの願いを込めて自由に描いても。
その他に「招き猫」のモチーフでも描いていただけます。
伝統的工芸品に実際に触れて、描くことで、古くから伝わる人々の思いや願いに少し思いを馳せてみませんか。

【高松張子 はりこの絵付け体験】
日時:毎週土曜日 10:00~ /  16:00~
定員:各回4名まで
定休日:木曜日(祝日の場合は翌日金曜日)
料金:1,500円(税込)
持ち物:特にございません
※ご予約はお電話またはメールで承っております。前日金曜日の15:00までにご予約をお願いします。
讃岐おもちゃ美術館shop  TEL:087-887-6762(※9:00~18:30)
MAIL:stm.shop.cafe@tao-works.jp
香川県高松市大工町8-1 くるりん駐車場1F

ぜひお気軽にお問い合わせください。