高嶋三宝

瀬戸内・香川の春を感じるmade in四国の企画展を北浜の海近くの立地の”Kitahama blue stories” IKUNAS roomにて開催します。

【商品の情報】
・高嶋三宝の国産帆布トートバック(期間限定色/SETOUCHI COLORS)
・フクシンのシルク100%5本指くつした
・愛媛みかん農家Yaetocoさんのセルフケアアイテム

瀬戸内の春に似合うスモーキーな色のバックや靴下、セルフケアグッズなどを揃えました。
春は外出の機会も増え、身の周りも新調したり、自分自身をケアしたりと何かと気分も上がる季節です。
今回出品する商品の製造元はすべて四国の企業。瀬戸内の自然に溶け込み、やさしく丁寧なものづくりを伝える展示会です。

高嶋三宝のトートバックは、企画展だけのオリジナル「SETOUCHI COLORS」を限定販売します。
IKUNASで瀬戸内カラーを選び、高島三宝さんの技術が形にしコラボいたしました!

▼IKUNASスタッフデザイン部・編集部の会議でSETOUCHI COLORSを話し合い決定いたしました。dav

【SETOUTI COLORSについて】
香川県は年間を通じて温暖な瀬戸内海気候ですが、春から夏にかけては霧が出やすく、少し煙ったような
スモーキーカラーが街を染めます。SETOUCHI COLORSは、そんな瀬戸内・香川を彩る色の名前です。

・KITAHAMA BLUE(北浜ブルー)
 高松港近くの古い倉庫街・北浜は潮風にさらされて錆びたトタンや海から漂う霧、船を降りて行き交じり合う人と旅情を掻き立てる町をイメージした、少し酢もーキーなブルー。
・IRIKO GRAY (いりこグレー)
 5~6月、瀬戸内の波間にきらきら光る、カタクチイワシ群の色です。
・YUNAGI1 PINK(ゆうなぎピンク)
 瀬戸内海は夏が近づいてくると、夕凪という独特の無風状態が現れます。夕日が沈むに従い海に鏡面のように穏やかになり、島の浮かぶ瀬戸内海と空がグラデーションに染まっていきます。
・SHIMA OLIVE(しまオリーブ)
 オリーブの産地として百年以上の歴史を持ち、日本で初めてオリーブが根付いた小豆島の風景をイメージした色です。
・HISHIO BLOWN(ひしおブラウン)
 小豆島の醤油づくりは四百年もの歴史を持つ伝統産業。日本の伝統色名「醤色」より小豆島らしい柔らかな茶色。

【高嶋三宝について】
香川県さぬき市に本社、工場を持ち、60年に渡り大手企業・行政機関など、様々な鞄・袋物・子供服のOEM生産を行っている。自社ブランド「雅」の新商品トートバッグシリーズは、男女問わず愛用できるシンプルデザインですでに話題商品となっている。

miyabi-05

1130-157

【企画展開催場所・住所】
Kitahama blue stories
〒760-0031 香川県高松市北浜町4−10 tel 087-823-5220

【問い合わせ先】
株式会社 tao.(IKUNAS) 〒760-0072香川県高松市花園町2丁目1-8 森ビル2F
tel 087(833)1361 / fax 087(816)5737