IMG_1677_R

IKUNAS‐FLAVOR OF LIFE-の連載企画「トーキン☆IKUNAS」に掲載させていただいた、
veritecoの作品を期間限定で展開します!

豊島の風土に育まれた優しくも、意思のある草木染の糸や布を使い、仕立てられたアクセサリーは、
手にした時から美しいのはもちろんのことですが、時を経て少しづつ色が退色して行く様も美しいのです。

IMG_7547_R

veritecoさんは、草木染のアクセサリー等を制作されていて、ディレクションを旦那様の浅田美樹雄さんが務められ、奥様の浅田真理子さんが主に作品の制作、デザインを行っています。 
2007年にVeritecoを立ち上げ、都内で活動後、2015年、香川県の豊島に夫婦で移住し、本格的に2人での活動を開始されました。
また、浅田さんの制作の様子を作品集にして出版もされていて、「ハーブで染める花々のコサージュ」、「Veritecoの草木染め 春・夏・秋・冬 手づくりのある暮らし」グラフィック社、「布花図鑑」「Veritecoの刺繡図鑑」文化出版局などを出版されています。

IMG_9343_R

現在はイベントを中心に作品を発表、販売されていて、常に作品を見ていただく機会はなかなかありません。
私たちもこの機会にたくさんの作品を香川のみなさんにお届け出来ることを本当に楽しみにしています。

前に誰かに聞いた気がするのですが、
「少し時間たった色が、その草木の本当の色。そこからの色が美しい。」と。

自然の恵みを受けて作られたものや、人の手で丁寧に作られたものが、どうして手放せないものになるのか。
それは命があるものは、時を感じられるということ。
それ以外のものと違って、自分の暮らしに馴染み、愛しくなり、やがて自分の一部のように感じられるものだからかもしれません。
veritecoが生み出す作品は、まさに時が過ぎることを愛しく思わせてくれるようなアクセサリーです。

IMG_1032_R

本誌ではブローチのみのご紹介でしたが、POP UPではイヤリングピアスやバレッタなど種類も様々に制作してくださっています!
veritecoの浅田さんはお一人で制作されているので、なかなか大量に制作はできません。
また、ひとつひとつご自分で染められた布や糸を使っての製作のため、
ひとつひとつの作品が、一期一会の出会いになると思います。

今年の最後を締めくくるのに本当に楽しみなイベントです。
ぜひこの機会にIKUNASgにお越しくださいね、