金時にんじん、金時みかんとならぶ、坂出市の特産、金時いも。
鮮やかな表皮の色と、甘味が特徴です。
早掘りかんしょのこの品種の旬はまさにこれから!7~8月に最盛期を迎えます。
レモンの酸味と芋の甘みを感じられるメニューです。
温かいままでも、冷たく冷やしてもおいしくいただけますよ。
仁尾レモンが手に入らない時期はなるべく国産レモンを使用することをおすすめします。

IKUNASF_HP_1
4人分

金時いも       1本(300g)
レモン(仁尾レモン)  輪切り2枚
くちなしの実     2個
蜜A
  和三盆糖顆粒   100g
  水        360cc
  塩(土佐の塩丸) 少々
  薄口しょうゆ   少々
  レモンカード   好みで

IKUNASF_HP_1

1.金時いもは暑さ5mm程度の輪切りにする。

2.鍋に金時いもと、色付け用のくちなしの実をくだいて入れ、色をつけながら、かためにゆでて水に落とす。

3.Aを合わせて蜜を作り、2の金時いもを入れ香りづけにレモンの輪切りを入れて味をふくませる。
 ※やわらかくなり過ぎないよう注意する。

4.仕上げにレモンカードを入れ、火からおろす。

IKUNAS vol.2掲載

四国生まれの調味料
「四国のさしすせそ」はこちらから↓
四国のさしすせそバナー