スーパーで買った豚肉に藻塩をまぶして寝かせるだけ。
いつもの豚肉が簡単ひと手間で、格段とグレードアップするレシピです。
藻塩は食卓塩にくらべ結晶が大きく、お肉の余分な水分を逃がしながらゆっくりと塩分が染み込んでいきます。含まれるミネラルの旨みと共にお肉自体の旨みを引き立てるのも特徴です。他の調味料いらず。
レタスで包んで食べるのもオススメ。焼くだけでご飯のおかずの一品やおつまみにもなり、
お弁当のおかずにもピッタリです。

豚肉ブロック(バラ・肩ロースなどお好きなもの) 250g
藻塩 大さじ1
オリーブオイル 小さじ1

飾り用
リーフレタス 適量

下準備
・豚肉ブロックに藻塩をまぶし、全体にすり込んでいく。
IMG_9068 IMG_9073

・なじんだら、キッチンペーパーで包む。
IMG_9077 IMG_9079

・更にラップで包み、ビニール袋に入れ、冷蔵庫で寝かせる。(1~2日間程度)
IMG_9083

1.豚肉を薄く切る。
(寝かせた肉は少しピンクがかった色に変化し、すり込んだ藻塩はすっかりなじんでいるので、洗い流したりせずそのまま使います。)
IMG_9101

2.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で熱し、豚肉を焼く。
IMG_9137

3.リーフレタスを皿に盛り、焼いた肉を盛り付ける。
IMG_9158

[今回使用した“さしすせそ”]
01moshio
詳しくは写真をクリック

さぬきの藻塩 / 100g
独特の赤茶色をしたこの藻塩。瀬戸内海で採取したホンダワラやアカモクという海藻のエキスが入っているのでこのような色をしています。
ミネラルを多く含み料理に塩味だけでなく旨味を加えることができるので、シンプルな料理にもってこいです。

 

・・・・  Instagram  @ikunas_f ・・・・

\香川と四国の食情報発信中!/・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IKUNAS/香川県・高松市のデザイン制作会社が年2回発刊(3月下旬・9月下旬)する四国のモノ・コト・ヒトを取り上げたライフタイル誌。香川県の伝統工芸品、産業をはじめとするものづくりや郷土食など毎日の生活にフレーバーを届ける内容を紹介。その中の食の取り組みが「IKUNAS ffood)/イクナス エフ」。

商品はこちら