re:craft

re:craft【布物の染め直し】

色あせやシミなどで着られなくなってしまった衣類を、藍染めをして再び着てみませんか。
柄物や、色物も染められるので、藍色との色の重なりが新たな魅力になりそうです。

讃岐正藍染め(しょうあいぞめ)で染めます

香川県で育てた藍の葉を醗酵させて染める藍染めです。他の地方の藍染めに比べると藍の色に透明感があり、美しい色合いが特徴です。また、色落ちや色移りもなく、白物とのコーディネートも存分に楽しんでいただけます。

藍染めの特徴

抗菌作用、防虫効果、そして布地の強度が増すともいわれています。長く着続けるものとして理にかなった“染め”なのです。染液に浸け、洗い、天日干しを何度も繰り返すことで藍の色が定着し、美しい色になります。

藍染めの特徴

※お使いのモニターによって色合いの見え方が異なることがあります。
※地の色、素材によって染め上がりの色は変わります。
※染め直し後のイメージの違いなどの対応(返金・染め直し等)は出来かねますのでご了承の上お申し込みください。

染匠 吉野屋

金毘羅さんのおひざ元・琴平町で讃岐のり染めを生業とする4代目。香川の春の風物詩となっている「四国金毘羅歌舞伎大芝居」で町中を染める「のぼり」をはじめ、法被やのれんなど地域に根差した染め物を手掛けています。
IKUNASでは金毘羅歌舞伎ののぼりをアレンジした「KONBAG」が人気。
Instagram @kotohirayoshinoya

ページトップへ