2018年からはじまったIKUNASのfoodの活動「IKUNAS f」。
昨年より管理栄養士のスタッフが加わり、さらに活動が活発になってきています!
例えば、「産地をたずねて」。香川県内の生産者のもとをたずね、食材が育つ様子をリアルタイムでお届けします。

週に2回更新している「レシピ」では、香川県産の食材や調味料、加工品を使った料理を試作・考案し、IKUNAS.comだけでなくcookpadでも発信しています。先祖から伝え受け継がれてきた郷土料理も発信中。地域の知恵と知識を吸収し、現代に沿う形にアレンジしていきたいと取り組んでいます。

また、新たにこの夏から月1社内食dayという新たな取り組みを行うことになりました。

IKUNAS g(イクナスギャラリー)で取り扱っている商品や、今後販売したい食品などを使ったレシピを開発し、社内で試食兼ランチとして実食し、意見を集める取り組みです。


9月のお題は、
・だし香るほぐしいりこ(缶詰)
・ピリ辛肉味噌(缶詰)
・パスタのためのソースゆず&唐辛子

缶詰はそのままで十分においしいのですが、ごはんのお伴以外のレシピへとアレンジ。
「パスタのためのソース」は、 パスタに絡めるとおいしいのはもちろんですが、違った使い方はどうかな?と考えました。

レシピ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■パスタのためのソースでゆず辛チキングリル(8人分)■
パスタのためのソース1本分に対し、砂糖を小さじ1加え、
鶏胸肉(4枚分)のスライスを1時間程度漬け込みます。
片栗粉をまぶし揚げ焼きにします。

▶︎レシピについて

香川県産にんにくがしっかりきいたパスタソースです。
ピリ辛味にゆずの風味、オイルが含まれているので「肉にも合う!」と考えました。
鶏肉のやわらかさと甘みを出すために砂糖を加えています。
ソースに鶏肉を漬け込むことで、揚げ焼きした際に柔らかくジューシーに仕上がります。
加熱するとにんにくが際立ち、柑橘の風味はふんわり香ります。
食べる際にお好みでポン酢をつけてもおいしく食べられます。

▶︎IKUNASg取り扱い中商品です

パスタのためのソース ゆず&唐辛子についてはこちらから

■ピリ辛 肉味噌 そうめん■
肉味噌1缶にゴマを適量、酢を少々加え混ぜます。酸味はお好みで調節をしてください。
そうめんは茹で上げ冷水でしめた後、 千切りのきゅうりと合わせ、だし醤油をほんのり味がする程度に絡めます。
味をつけたそうめんきゅうりに、ごま肉味噌酢をのせてできあがりです。
肉味噌1缶で、そうめん4束ゆで、きゅうりは1本使用しました。
▶︎レシピについて
肉味噌自体に甘辛くピリ辛でしっかりとした味があります。
ほぐれたなめらかな形状だったので、食感を加えようとごまを合わせ、甘辛い味をしめるために酢を加えました。
そうめんにきゅうりの千切りを合わせることでと味や食感に変化を与えるので、味の濃いごま肉味噌酢とバランスをとり、さっぱりと食べられるように考えました。そうめんきゅうりに薄くだし醤油で味付けをしておくことで、ごま肉味噌酢と絡めた時に味がなじむように考えました。
▶︎IKUNASg取り扱い中商品です
ピリ辛 肉味噌についてはこちらから
・そうめんについてはこちらから

■だし香るほぐしいりこと厚揚げの炒め物■
だし香るほぐしいりこに生姜のみじん切りを適量、酒を大さじ2入れ炒め物のたれを作ります。
キャベツ1/2をざく切りに、厚揚げ正方形4枚分を一口大に、人参を千切り(彩り程度)にします。
フライパンに油を薄くひいて、キャベツ、人参の千切りを加えて軽く炒め、厚揚げを入れたら野菜と厚揚げに焦げ目がつくようにあまり動かさないように炒めます。
仕上げに合わせておいただし香るほぐしいりこだれを加え、絡めて完成です。
味が足りない場合は、野菜と厚揚げを炒める際に、塩こしょうで下味をつけておくことをおすすめします。
▶︎レシピについて
だし香るほぐしいりこは、そのままごはんのおともとしても最適な旨味と味の濃さ。そこで、その旨味と味をいかし、炒め物のたれとして使用しました。
たれの中に生姜のみじん切りを加えることで、いためた時に風味が増します。
▶︎IKUNASg取り扱い中商品です
・だし香るほぐしいりこについてはこちらから

■おにぎり塩でつくるごま塩■
おにぎり塩に白ごままたは黒ごまを加えて作ります。
ごはんにかけるまたはまぶして出来上がりです。
▶︎レシピについて
おにぎり塩は、白飯に合うようにつくたれた、粒の大きい米の旨味と甘みを引き立てる塩です。ごまやじゃこと合わせると手軽にふりかけをつくることができます。
▶︎IKUNASg取り扱い中商品です
・おにぎり塩

■根菜の味噌汁■
ヤマゲン白味噌の山峰をつかった味噌汁です。だしをとり、そのだしで根菜の乱切りを火が通るまで加熱をし、仕上げに火を止め、味噌をときます。白味噌だけでは甘みが強いので、だし醤油をひと回し入れ、味を整えます。
▶︎レシピについて
味噌汁の具に根菜を入れると、だしに根菜の旨味と風味が加わります。香川の白味噌だけでは甘さが立つので、赤味噌や合わせ味噌を少量加えることが多いと思いますが、白味噌ベースに醤油やだし醤油を入れることで、白味噌が生きた味噌汁が出来上がります。
また、白味噌をとかす前に、酒を少量いれることで、甘みとコクが立つ味噌汁ができます。
▶︎ヤマゲン讃岐食品工業について
HP: https://www.sanukimiso.jp/index.cgi
Facebook: https://www.facebook.com/sanukimiso.yamagen/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このような時期でもありますので、皆さん食事中は無言です。
食べ終わったらアンケートに記入をします。味が口にあったのか、商品の味が活かせていたかなど大変緊張しながら実食中のスタッフの様子を見ていたIKUNAS fスタッフ なのでした。

来月は、ご飯に合う献立を考えています。
お楽しみに!