香川ゆかりの若手芸術家をたたえる「県文化芸術新人賞」の本年度の受賞者 に、IKUNASでもおなじみの写真家、宮脇慎太郎さんが選ばれました。

IKUNASでは「LIFE SCAPE」という連載を通して、四国各県にポリシーを持って暮らす人たちの生活を、宮脇さんならではの臨場感と迫力ある写真で切りとっています。

実は「LIFE SCAPE」の文章もすべて宮脇さんが執筆。写真だけでなく、文章からも被写体の生命の営みの力強さが伝わってきます。

3月30日に発売されるIKUNAS最新号では、徳島県に暮らす女猟師に密着している宮脇さん。「猪が獲れた」という報告を聞いてすぐ、徳島へ車を走らせ撮ったという写真からは、生命の生々しさと猟師となった女性の覚悟が伝わってくるようでした。

末筆になりましたが、宮脇さん、受賞おめでとうございます! そして、IKUNASの最新号もよろしくお願いします!