pan_01

IKUNAS vol.9の発刊が今月末3月31日に迫っております。

今回の発売のvol.9中の中でパン特集を組んでおります。

中・西讃の2件のパン屋さんの取材に伺った日はあいにくの雨でしたが、
お店からはパンの焼ける香ばしいにおいがしていて、窓からは店内の温かな光が見え、
ついつい引き込まれてしまう佇まい。

取材中にもお子様連れの常連のお客様が度々いらっしゃったり、
お好きなパンの話や、お子様のお話で盛り上がっておられました。

近所の行きつけのパン屋さんは
家族が安心して食べれる美味しいパンと気軽に立ち寄れる空間もあいまって、
毎日の支持を得られているのだなと感じました。

さらに偶然にも、どちらのお店のオーナーさんも県外から香川県に移住されてきた方だったこともあり、お話を聞く中でとてもこの香川という土地の暮らしやすさを、改めて気づかさせて頂きました。
子育てとパン作りを両立するお父さん、お母さんの手づくりのパンは、思いやりとこだわりのつまった優しい味の、底力のあるパンでした。

pan_02

高松市内では、
玄人向けのエッジの効いた食パンとコーヒーの専門店や、
お年寄りからお子さんまで訪れる街のパン屋さんに取材させて頂きました。

こちらでは常連さんのパンの選び方の潔さを感じました。
長年、そのパン屋さんに通う常連さんだからこそ、どのパンの味も知り尽くしていて、
お目当てを定めていたのか、迷うことなくサクッと買い物を済まされて行く方が多いような印象でした。予約していたパンを受取りに来る方も。

普段の生活の中で″習慣になったパン″というものにとても惹かれました。
お店の詳しい情報は、3月31日発刊のIKUNASvol.9にてご紹介しております。

今回のパン特集ではお店のご紹介の他、スタッフの好きなサンドイッチや、
レシピなどのご紹介もしておりますので、粋なパンライフのご参考にぜひご覧ください。