組手障子

木と木を組み合わせる、繊細な伝統技術

日本建築の室内の間仕切りとしてなくてはならない障子は鎌倉時代に作られたのが始まりです。その後江戸時代末期になると、単なる実用としてではなく障子の格子にさまざまな装飾を施すことによって今日まで広く利用されるようになりました。
組手障子は釘を使わずに、木同士を組む方法として用いられてきました。パーツを組子と呼び、凹凸のパーツを組み合わせて、麻の葉やひし形などの様々な模様を描き出します。

表示切替: 並び順:
9件中1件~9件を表示
9件中1件~9件を表示

WEBマガジン IKUNAS.com
IKUNAS FLAVOR OF LIFE vol.13

▶︎

ファッション小物

アクセサリー

バッグ


▶︎


▶︎


キッズ ▶︎

ベビー服

ベビー用食品


BOOKS ▶︎

IKUNAS

その他


贈りもの ▶︎


商品一覧 ▶︎

特集

クリスマス特集 ▶︎

絶景カレンダー2022 ▶︎

冬の贈りもの ▶︎

木の職人の仕事 ▶︎

木の器や道具 ▶︎

季節の手まり ▶︎



読みもの

工房をたずねて
IKUNASfレシピ

各種サービスのご案内

ギフトラッピング
法人ギフト
名入れサービス
再生サービス
お手入れ方法

商品開発の取り組み

SNUKIMON
讃岐ざんまい
SANUKISAN
facebook

IKUNASfkitchen

ページトップへ