色の濃さ=うまみ成分
瀬戸内海で採取した海藻(ホンダワラ、アカモク)から、独自の製法でうまみエキスを抽出。
そのエキスをたっぷりと含んだ「讃岐の藻塩」は、色が示す通り、海藻のミネラル成分がたっぷり。
「国内唯一」の藻塩として、2014年に特許を取得している。
コクとまろやかさが増し、少量でも料理がワンランクアップ。
現在、4種類の藻塩と調味塩を販売中。
まずは定番の「讃岐の藻塩」からお試しあれ。

讃岐の藻塩(藻塩工房/香川県) *

価格: ¥685 (税込 ¥740)
[ポイント還元 7ポイント~]
型番: 15-204-002-01-00
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

商品仕様

型番: 15-204-002-01-00

原材料:海水塩(香川県産)、ホンダワラ、アカモク(香川県産)
内容量:100g
サイズ:40mm×40mm×H125mm

素材の特徴

高松近郊の海岸や、のり養殖の網にからんだ海藻を1~5月上旬に採取して使っています。

製法の特徴

ホンダワラから独自の製法により、エキスを抽出。そのエキスを10分の1になるまで濃縮する。その後、香川県産の塩にたっぷりとかけて天日乾燥します。

味の特徴

口に含むとほんのり磯の風味が感じられますが、素材の持ち味を邪魔しない。料理にコクとまろやかさをプラスしてくれます。ひと目見て、ミネラルを多く含んでいることがわかります。この色の濃さが料理をおいしくしてくれます。

おすすめ使用方法

おにぎりや天ぷらのつけ塩。串カツや蕎麦にも合う。焼き魚や野菜炒めなど普段使いしやすいですが、量は10~20%少なめに。お漬物にも向いています。

お客様の声

「なつかしの藻塩」は、お客様から「あまいね」と言われるそうです。この藻塩の製法は昭和46年まで瀬戸内海沿岸で行われていた「流化式平釜製法」。太陽と風の力で濃縮して、平釜で煮詰めて作っています。「自然塩」を原料とした藻塩です。

ミネラル豊富。どんな料理にもいける万能塩。

ページトップへ