讃岐装飾瓦

種類・デザイン共に豊富な讃岐装飾瓦

讃岐地方では、奈良・平安・鎌倉・室町時代の窯跡が数多く発見されており、瓦づくりが盛んに行われていたことを物語っています。江戸時代後期に瓦が民家にも普及し始めると、鬼瓦などの装飾瓦も多種多様なものが作られるようになりました。魔除けとして棟で睨みをきかせていた鬼瓦は、屋根の上にあること以外にも新しい役目を探して、さまざまな形に変化しています。

表示切替: 並び順:
20件中1件~20件を表示
20件中1件~20件を表示

ページトップへ