素材からつくる 素材から考える

和うるし工房あい

善通寺市内、田畑の中の住宅街に「和うるし工房あい」はあります。玄関先には、いくつも枝を伸ばしてのびのびと育つ漆の樹。「これね、今、実験中なの。縄文時代とおんなじように掻いたらどうなるかっていう」。そう話すのは松本和明さん。妻の宮崎佐和子さんと共に「あい」を主宰しています。

松本さんは、香川県高松市と坂出市にまたがる山域:五色台(ごしきだい)で採れた漆を使って漆器をつくっています。五色台の山中を開墾し、漆を植樹。自ら漆を掻き集め、自ら削り出した木地に塗り重ねていきます。

五色台産漆の表情

工房で使う五色台産の漆は生漆。火入れや混ぜ物などの精製を行わない、完全にピュアな漆です。その塗立(漆を塗った後に装飾を施していないこと)の器はつやつやと明るく、透き通っています。

フレッシュで軽やかな五色台産漆の器。「香川県の人に、地元の漆ってこんな表情なんだ、と知ってもらいたい」と松本さんは言います。目の前にある国産の生漆そのものを発端とし、その表情を生かして器を仕上げるために、どう技を磨いていくか、という順序で作品をつくっていきます。五色台産の漆は、それにしかない表情があるはずだ、と松本さんは言います。

焼き物の器と違って、繊細なイメージのある漆器。しかし、漆は本来、酸性やアルカリ性にも耐えうる塗料なのだそう。その証拠に、日本では9千年も前の縄文時代の漆器が出土しています。
生漆が持つ率直な強さは、松本さんの作るカトラリーにも表現されています。ペーパーナイフのような薄いスプーンは、木製とは思えないほどすっきりとした面持ち。思いがけない軽さと口当たりで、食事に向き合うひとときを静謐に演出します。

ひた走る追究の道

漆器づくりの傍ら、失伝してしまった掻き方や漆の歴史も研究中。「もうね~、漆オタクなんですよ」とは佐和子さん。

「国産漆は、まだまだ完成されていない。だから、自分が発見したことは、全部オープンにしてる。それを今後、実践してくれる若い人が増えていったなら、その先に広く深い文化として、国産漆というものの全体像が見えてくるんじゃないのかな」と松本さん。漆の世界を究める旅は加速していくばかりです。

和うるし工房あい
香川県善通寺市中村町697-1
tel.087-63-3930

※「和うるし工房あい」はIKUNAS vol.5「いま、気になるもの。めくるめく漆」、vol.11「人生によりそう食。」でご紹介しています

表示切替: 並び順:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

IKUNAS FLAVOR OF LIFE vol.11
お仕立てギフト

【お問い合わせ受付時間】
10:00〜17:00
(土曜 10:00〜16:00)
※日祝除く
※ご注文確認メールのお届けも上記と同様です。

IKUNAS BOOKS さぬきの伝統工芸 四国の食 四国のものづくり IKUNAS GIFT IKUNAS ORIGINAL
PRODUCT tenton 八8 PROJECT SANUKIMON 讃岐ざんまい SANUKISAN 四国のさしすせそ
工芸品コラム
お客様の声 IKUNASとは アクセスマップ ご利用ガイド お問い合わせ 店舗情報 会員ログイン
IKUNAS MEMBER'S会員募集 お買物「2万円以上」で送料無料
店頭受け取りサービス
業者・店舗の方へ 卸商品について

香川県高松市に構えるIKUNASg(イクナスギャラリー)は、雑誌「IKUNAS」と連動したギャラリーです。香川の伝統的工芸品を中心に紹介、発信するイベントを開催。不定期でワークショップの開催、ギフトのご相談も受け付けています。

  • facebook
  • twitter
  • instagram

ページトップへ