IKUNASg10月企画展「une展」始まります。
10/2(月)~10/14(土)

une展
2017年3月にIKUNASから産声を上げた「une」
江戸時代から香川県で受け継がれてきた織物「保多織」。3本平織して4本目を浮かせるという変則的な織り方は地域の気候によく合い、夏はさらりと快適に、冬は浮かせたその浮きに空気が留まり暖かく、まるで季節に合わせて呼吸をしているような織物です。
保多織の機能や肌触りのよさは残しつつ、異素材と組み合わせることで、新鮮な驚きと、新しい価値を感じてもらえるストールに仕上げました。
2シーズン目の秋冬の新作は3点、保多織と組み合わせるのは起毛したスウェット素材を選びました。
軽くてウォーム感があるスウェットに、柔らかな保多織が間に挟まることで適度な抜け感があり、巻きやすく、肌触りも心地よく、これからの季節に欠かせないアイテムになってくれます。

今回の企画展ではuneのメイン素材である香川県伝統的工芸品の保多織と、制作には欠かせない縫製技術を持つ東かがわ市の川北縫製にスポットを当てuneが生まれるまでのその道のりを追っていきます。

また、9月30日に発売になったIKUNAS最新号での掲載ページでは、
香川県をフィールドに活躍する人たちに「une」を巻いてもらい、その人によって違う表情や、個性が出るそのストールの面白さを表現しました。
本展では撮影に使用した別カットなども新作と共に展示します。

開催日時 10月2日(月)~10月14日(土) 11:00~17:00
※10月15日~11月の間は、ギャラリースペースはCLOSEとなります。
次回ギャラリーOPEN日は11月~
場所 IKUNASg
高松市花園町2-1-8 森ビル2F
お問い合わせ 087-833-1361