煤竹に手彫した煎茶具「茶合(ちゃごう)」です。
わらぶき屋根に使われていた竹が150年余の間、囲炉裏の煙で自然に燻されてできた
今では貴重な煤竹に手彫が施された茶合です。
繊細な線、竹の強さと美しさの上に願いを込めた絵柄が表現されている逸品です。
飾り置物としてもおすすめです。
この商品は匠の技と心をもつ、西村秋峯さんの作品です。

さぬき竹一刀 茶合(仙媒) びわ

価格: ¥8,000 (税込 ¥8,640)
[ポイント還元 86ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

素材:煤竹
サイズ:約15.5cm×4.5cm×2.2cm
※自然が作った煤竹なので煤の具合がそれぞれ異なります。
あらかじめご了承の上お買い求め下さい。

IKUNAS FLAVOR OF LIFE vol.7
IKUNAS vol.6 2017年9月30日発行
traditional line 香川漆器 保多織 讃岐装飾瓦 讃岐の手まり 讃岐のり染 組手障子 庵治産地石製品 菓子木型 讃岐一刀彫 竹一刀彫 手描き鯉のぼり 丸亀うちわ 高松張子 肥松木工 讃岐鋳造品 張子虎 桐箱
artist line original line lifestyle line gift line
工芸品コラム
特集一覧 お客様の声 ブログ IKUNASとは アクセスマップ ご利用ガイド お問い合わせ 店舗情報 会員ログイン
お買物「2万円以上」で送料無料
店頭受け取りサービス
業者・店舗の方へ 卸商品について IKUNAS MENBER'S会員募集

香川県高松市に構えるIKUNASg(イクナスギャラリー)は、雑誌「IKUNAS」と連動したギャラリーです。香川の伝統的工芸品を中心に紹介、発信するイベントを開催。3Fでは、イベント期間中、実際に商品をご購入できます。不定期でワークショップの開催、ギフトのご相談も受け付けています。

  • facebook
  • twitter
  • instagram

ページトップへ